オプションを使い分けする戦略

sdf6643u 為替相場は円安円高どちらかの方向に動き続けるトレンド相場や、一定の範囲で上下する方向感のないレンジ相場、あまり値動きがない小動き相場、大きく上下する乱高下相場などいくつかの相場があります。FXバイナリーオプションではそんな相場に合わせて取引できる点が魅力です。バイナリーオプションではハイローやワンタッチやレンジと大まかに3種類のオプションがご用意されています。ハイローはトレンド相場で特に使いやすいです。

トレンド相場には上昇相場と下落相場がありますが、上昇相場ではハイのみ下落相場ではローのみでエントリーします。上昇相場でローをエントリーしたり、下 落相場でハイをエントリーすると勝率が落ちてしまう事が多いです。トレンドに沿ったエントリーを行うことで、多少タイミングを見誤っても判定時刻までに的中することが多いのがハイローの良い点です。しかしレンジ相場になると取引期間中は的中と判定される価格だったのに、判定時刻が来たら不的中と判定される価格に戻ってきてしまう事があります。

そんなときはワンタッチが特に使いやすいです。ワンタッチは一度タッチすれば的中なので判定時刻にどんな価格になっていようが関係ないです。ですが小動き相場ではタッチせずに判定時刻を迎えてしまう事がよくあります。そんなときはレンジインが特に使いやすいです。レンジインでは決められた範囲に価格が収 まっていれば的中なので小動き相場に強いです。しかし乱高下相場になると範囲外に価格が飛び出してしまいます。そんなときはレンジアウトが特に使いやすいです。レンジアウトでは決められた範囲外に価格が飛び出せば的中です。

どんな相場なのか判断し、その相場に合わせてオプションを使い分けする戦略が使えるのがバイナリーオプションです。どんな相場か判断するにはトレンド系テクニカル指標をチャートに表示させると分かりやすいです。

ボリンジャーバンドでは中央のバンドが1本、+1σ~+3σが3本、−1σ~−3σが3本と計7本のバンドが表示されます。上昇相場ではバンドが右肩上がりに、下落相場ではバンドが右肩下がりになります。小動き相場ではバンド同士の幅が狭くなり、乱高下相場ではバンドの幅が広がります。バンドの幅が狭くなっていて急に広がり出すと、その方向へトレンドが発生することが多いです。

それぞれのバンドが平行ならレンジ相場です。レンジ相場では+1σ~+3σ、−1σ~−3σのどのバンドが上値抵抗線になっているか下値支持線になっているかチェックして逆張りをするタイミングを計ります。トレンド系テクニカル指標はその他にも様々なので使いやすいと思ったものをチャートに表示させると良いです。

All Rights Reserved at Geboc.org