ハイローオーストラリアでの必勝法

shdur643u 為固定のペイアウト率、負けてしまう理由とは

近年バイナリーオプションが巷で人気となり、以降この業界に参画してきた業者が急増しています。参入している海外業者も多く、その中でもハイローオーストラリアという名前が目立っています。ハイローオーストラリアが注目されている理由として、ペイアウト率が固定の2倍であるという点、そして短期取引であるオンデマンド取引を導入したことも挙げられます。このようなシンプルなルールが話題を呼び、ユーザー数を増やしてきました。

さてバイナリーオプションは利益を出すのがそんなに難しくないのでは?と思われるようですが、実はレンジ外という特殊なルールが存在していることだけは忘れてはならないポイントです。このルールが存在するために、なかなか利益を上げられない人もいるからです。しかし、このポイントを逆手に取れば必勝できるとも言えるため、まずは勝つためにこのレンジ外のルールについてしっかりと理解することが重要なキーポイントとなります。

基本的にハイロー取引は、通貨の値が一定時間を経過した後に予想した値よりも上になるか、下になるかを選択する取引です。更にスプレッドハイローには、レンジというルールが追加されます。これはペイアウト率が高いため勝った時の利益が大きくなるチャンスがあります。但しレンジでは業者側が決めた範囲内にその値が入っていると、せっかく予想を当ててもその利益は自分の手元ではなく、業者側に行ってしまうことになります。

レンジのルールについて国内では規制対象ですから、海外業者ならではの高いペイアウト率が期待できるというわけです。レンジ外という特殊ルールがあるがために、攻略の難易度は高くなりますが、高いペイアウト率は魅力的です。

相場の動きをつかむことでレンジ外をクリア

勝率を確実に上げたいと思っていても、上か下かを予測するだけでは特殊ルールが壁となり、結局は勝率を下げてしまうことになってしまいます。ハイローオーストラリアで勝つためには、レンジ外を避けること。そのためには相場の動きを見極めること、動きの特徴や性質を根本から知ることで予測の判断基準に役立てていくことが大切です。

一見すると相場には方向性を定める基準が見当たらなく、見当つかずの動きをするようにも見えます。しかし、レンジ相場とトレンド相場という二種類の性質があり、この二つで相場が成立しているのが事実です。まずはこの点を頭に入れておくこと、これがレンジ外を避けるポイントとなります。

では、レンジ相場とはどういう状態なのでしょうか。高値と安値の遷移が一定の範囲内で動く状態を指します。この場合、どちらか一方向に傾き続けていくのではなく、高値、安値と動きながらも最終的に一定範囲内で値の動きが収まる状態のことです。

それではトレンド相場はどうでしょうか。こちらはレンジ相場と反して、高値なら高値、安値なら安値と一方向に傾き動いていく状態です。一定範囲内に収まるような動きではありません。

さて、この二つの相場を比較してみれば、ハイローオーストラリアで取引する場合トレンド相場の方が向いているということがわかります。レンジ外ルールがある限り、レンジ相場のような値動きが小さい場合の取引では、勝率を上げるどころか下げてしまうことになってしまいます。逆にトレンド相場の場合は、あらかじめ決定された業者のレンジを抜け出して、勝率を上げるチャンスも大きくなるでしょう。

相場のパターンを理解していても、やはりトレンド相場がいつどんなタイミングで起こるのかがわからなければ勝てません。相場の動きに変化があるタイミングは、世界中全体で取引が多く行われている時です。世界の主要マーケットで取引が行われている時間帯に注目しながら、その動きが活発になるタイミングを見逃さない判断が大切になります。

主要マーケットの代表といえば、ニューヨークやロンドン市場。これらの市場が開くとトレンド相場になりやすいと注目しておきましょう。日本時間で考えると、ロンドン市場はサマータイムなら夕方の16時、冬季ならば17時、次にニューヨーク市場がスタートするので特にこの時間帯は目を離さないようにしたいところです。


ハイローオーストラリアで勝つ為の3つの戦略

1.トレンド相場になったら勝負に出る
ハイローオーストラリア独自のルールであるレンジ外をクリアすることがまずは勝率を上げる第一歩となります。ロンドンやニューヨーク市場のような主要マーケットが開く時間帯以外にも、トレンド相場は発生することがあるので、まずは相場の見分け方を押さえることが大切です。例えばレンジ相場で値が停滞していたとしても、直近の高値もしくは安値を抜けたというタイミング以降には、トレンド相場に向きやすい傾向があります。レンジ相場でも高値、安値の双方を確認しておくと、トレンド相場に流れた時の事前準備ができます。

2.ラストミニッツはレンジ外を避けられない

一見すると有利な取引手段では?と思うラストミニッツですが、レンジ外ルールを考慮すると不利になりやすい手段とも言えます。ラストミニッツは取引の締切間際に参加できるというその名の通りの手法なのですが、相場の動きに大きな変化がなく、どちらに傾いているのかが明白な時に使うことをお勧めします。

3.途中決済も視野に入れて取引する

確実に利益を確定させるためには、リスクヘッジも頭に入れておく必要があります。そこで途中決済の利用も視野に入れて取引するようにします。途中決済では、最終結果が出るよりも前に決済することが可能です。配当は多少減ってしまうことになりますが、確実に利益を出せる分だけは手に入れるという考え方も重要です。リスクヘッジしながら資金を確実に管理することもできます。ただ途中決済を行うタイミングを判断することは簡単ではないので、自分なりの限度やルールを決めておくことが必要となります。

All Rights Reserved at Geboc.org