安心して取引できるハイローオーストラリア

ssdfur43u 為2013年11月に金融庁が発表した新たな規制により、バイナリーオプションにこれまでとは異なる制限が課せられました。
そのため、日本国内の業者よりも規制を受けない海外業者へと乗り換えるトレーダーが後を絶たない状態になっています。どんなに信頼性の高い日本国内の業者でも規制がかかり自由に取引ができないのであれば、自由度の高い海外業者を求めてしまうのも仕方ありません。

バイナリーオプションはどちらかというと最近台頭してきた取引であり、株式やFXといった投資よりもまだまだ認知度は浸透していません。実際のところすべてを把握できている人も少ないでしょう。加えて海外の業者を使うとなれば自分自身の資金がどう守られるのか、資金の流用はないのかなど疑念を持ってしまうこともあるでしょう。その点から考えると日本国内の業者は厳しい規制に則っているため、信頼度に関しては申し分ありません。

では、海外業者は信頼できないのか?もちろんそうとは一概に言えません。ここでは海外業者に対して抱いてしまう不安や疑問を解消すべく、これらの点について解説していきましょう。

ハイローオーストラリアでは、オーストラリア証券投資委員会の認可を受けており、これは世界各国から信頼を得られる証でもあります。日本国内で例えるとすれば、金融庁の金融当局から許可を得ていることと同等です。実はバイナリーオプション取引のみのサービスを提供するのであれば、この許可はなくても運営が可能です。しかしハイローオーストラリアは、あえてオーストラリア証券投資委員会の認可を得て、信頼度の高さを証明しているのです。

資産保全については、ロンドンにあるロイズ保険組合に加入しており、こちらもしっかりと管理されています。賠償責任保険で世界的にも有名なロイズ保険組合ですから安心です。不測の事態が起きた場合や、経営破たんなどがあったとしてもユーザーの資金はロイズ保険組合が保証するようになっています。海外業者とはいえ、信頼度の高い認可が与えられており、かつ資産保全も万全の体制が整っているハイローオーストラリアは信頼できる優良業者と断言できます。

他者と比べてハイローオーストラリアが優良業者である理由

バイナリーオプションのサービス提供には金融庁の許可が必須の日本国内、この厳格な考え方や制度は日本では一般的です。しかし、日本から外に一歩出てしまうとその規制や概念は一切異なることになります。海外ではバイナリーオプションに金融庁の許可が必須、ということはないからです。
ですから、金融庁の許可がない=悪徳業者というのは日本だけの概念です。

例えるとオンラインカジノと海外のバイナリーオプションの捉え方は似ていることもあり、金融庁の規制外で運営できるため、監督する機関も変わってくるわけです。実際に、日本の金融庁から警告を受けた海外バイナリーオプション業者もあります。しかし海外に拠点を置いている業者ですから日本の規制概念は通用せず、そのまま運営を続けているところがほとんどです。

そういった警告対象になるような海外業者が多い中でも、ハイローオーストラリアは現地で当局の認可をしっかり受けている上に、資金の保全面でも万が一の場合は賠償責任保険があるとして管理されているため、安心安全の優良業者なのです。資金の流用や悪用されるといった可能性は、極めて低いと考えて問題ありません。

ただ一点気をつけたいのが、海外業者ということで日本人向けのサポートが100%ではないという事です。例えば出金ルールに対する理解不足から、出金拒否されるような事例もあります。それでも、ルールさえ把握しておけば出金拒否といったトラブルもなく、出金はできますので、まずはルールをしっかり押さえておきましょう。

All Rights Reserved at Geboc.org